0 comments
0 trackbacks

Bクラス

優勝
チームしんごさんまんじゅう 左から馬上さん 小松さん 菊池さん  (このチームは来年Aクラスです)
f1.jpg
 
準優勝 会津若松支部 Bチーム
f2.jpg 
敢闘賞 東大和市棋友会1班
f3.jpg 
Cクラス
優勝 福島・山形合同チーム  左から外島君 田場川さん 折笠君
f4.jpg 
準優勝 東大和市棋友会 2班
f5.jpg 

0 comments
0 trackbacks

優勝 ふくしま支部 左から野田君 小島君 渡辺さん
c1.jpg 
準優勝 と金戦隊セメルンジャー 
c2.jpg 
敢闘賞 モスクラブ将棋教室
c3.jpg
0 comments
0 trackbacks

この一行が、もしかすると私の一生のテーマだったかもしれない。
つまりは、一日の日課を作成することが、自分をつくることにつながる。なに言っているかってか、なに、朝起きてから、夜寝るまでをスケジュールにして、管理することだ。たまに、それを守らない日もいれてだ。おんなじことを繰り返すのは、窮屈だから休息というか、破壊だ。
ご破算、リセットだ。やはり、続ける為に必要なのだが、
だから、日課をつくる作業は繰り返される。つくり変えながら、一生をつくる。自分を手に入れるのだ。なに大したことを言っているのではない。
日課をつくって、それを完成させていくのだ。完成のない永遠の歩行といってもいい。その作業が終わるのは、命の絶える日で、ともに消える。
残るは、充実という一生。
0 comments
0 trackbacks

高学年の部
b1.jpg
 
低学年の部
b2.jpg 
可愛いですね。
b3.jpg 

0 comments
0 trackbacks

@1.jpg

 @2.jpg

@3.jpg 

@4.jpg