0 comments
0 trackbacks

何をしているのだろうとその時は思った。しかし、いまになってみると、これも貴重な資料になるとわかった。
その時々にメモをのこしているのである。
なに、重要なことは何も書いていない。日付とメモ、簡単な備忘録である。
それによると、4月は
1日 文化課 会津王将会支部 (市図書館2階会議室)  第72期名人戦招致準備打合せ
2日 文化課 観光交流課 武蔵氏(市図書館2階会議室)第72期名人戦招致準備打合せ
5日 文化課 岩手県宮古市  第72期名人戦招致活動・開催準備情報
8日 会津王将会 喜多方市市長 第72期名人戦招致依頼
10日 文化課 岩手県宮古市 第71期名人戦開催準備情報
12日 岩手県宮古市 第71期名人戦招致関係資料提供、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、
 
これが、ずーっと続いている。.
つまり、足跡である。
彼は私の高校のときの同級生である。

どういうものか、これをみていると懐かしくなってくる。チョッとしたメモなのだが、
それが水中花のように、日々が浮き上がってくる。

4月に入ると、いくら内緒にしても人の口に戸はたてられない。市役所内で知る人も出てきた。
関係者からもひろく協力者を募ったほうがいいという意見がでてきた。
それに、やはり現場を見ることは必要だということになった。つまり名人戦の視察である。


スポンサーサイト

名人戦⑧

名人戦⑥「市長の熱意」

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)