0 comments
0 trackbacks

名人戦の前夜祭の席上、羽生三冠にお酒を注ぎに行ったら、島先生がわざわざ、席をお立ちになって傍においでなって、
「私も、びっくりしました。おそらく、いままでも、これからもないでしょう。たった1日で名人戦の開催を打診して、次の日に返事をいただいたなどということは」と、お褒めくださいました。
私も、すっかり忘れていました。
すぐに、喜多方開催承知の返事をしていたのです。

いい加減な返事ではないのです。

会津王将会には市長をはじめ、政界、財界、教育界に会員がいるという背景があります。
安田さんにひっぱられるように、決めるべきは決めると一日、一緒に歩いて承諾を取り付けてしまいました。

瓜生信一郎県会議員(当時副議長)には最初に報告にいきました。
それから市長にお会いして、次々と各方面に是非を問うて歩きました。
「ぜひ、実現して下さい」「夢のようだ」
「なんでもする。協力は惜しまない」反対する人はいませんでした。

スポンサーサイト

名人戦⑤

名人戦③

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。