0 comments
0 trackbacks

わかったことは、当たり前の仕事をするということです。
どうも、私はおっちょこちょいです。器用なことはできない人間なのに、周りに動かされてしまいます。小賢しいこと、悪巧みはしないことです。乗らないことです。

ある意味、私を監督して下さる方がいることは幸いです。
先ず、正道であること。それで行きます。

昨日は午前中からあわただしかったですね。名人戦の会場の下見です。
風邪は大丈夫のようです。主催新聞社の毎日、朝日の両担当者さんとNHKのプロデューサーさん、それから技術のお二人、大工さん、まったくの畑違いの人たちに同行して下見をしました。
ついて歩くだけですが、いろいろ勉強になりました。
NHK さんは、到着早々、飯豊連峰を探しておられたようです。あいにくの曇り空で、雲に隠れて見えない山々を残念がっておられました。
喜多方の観光名所といわれて、飯豊連峰が浮かばなかったのは迂闊でした。夏でも雪をいただく霊峰、飯豊の山々、小学校や中学、さらには高校の校歌にも歌われているのに、毎日見ていると美しい山なみも「ふつう」になってしまって、名所、観光スポットといわれて浮かばなかったようです。
午後、下見が終わって懇談会をしました。
当方からは実行委員会のメンバー、市関係者、山形屋の社長、担当者など13名が出席しました。総勢16名の、いよいよ、一ヶ月先に迫った名人戦についての意見交換をしました。
その後、9名で宴会をしましたが、9時には散会しました。みな、忙しいのです。
スポンサーサイト

六十になっても、学ぶことは沢山ある。

菊地さんがインフルエンザです。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。