0 comments
0 trackbacks

とにかく、忙しいんです。
午前中、電話と、メールで、30本程度、山形屋の営業部長さんがおいでになって、打合せ。
ぎりぎり0時30分からの葬式に間に合って、終わると同時に車に飛び乗って関係者を訪ねて、その間、安田さん、議員、文化課、知事秘書さん、スポーツ文化振興局からの電話と、今の時代は車中だろうとナンだろうとお構いなし。
携帯は仕事を持ち歩いているようなものです。
対応しているうちに4時。4時から「お斎御使い」をいただいていましたので、あわてて会場の天恵苑に。

左前のひとが町内会長さん。左隣に不動産屋(?)さん。 斜め向かいに、元やくざ(?)。よくわからないのですが、私を保険屋と呼ぶのですが、確かに保険代理店の会社も持っていましたので、あながち間違いではないのですが、お会いするのは30年ぶりくらいですかね。
この人の経営していた修理工場がひと手に渡って、ヒョンなことからその工場を従業員ごと面倒を見たことがあります。たしか、手形でトラブルがあって行方知らずになっていると、聞いていたのでびっくりしました。
タイムスリップはするは、猛烈なお喋りマシンに急襲されるは、ついでに、茶碗蒸しは喪服に落ちるは、内容の濃い40分でした。

しかし、故人のご冥福をお祈りしたいと思います。決して、平坦な道ではなかったようです。一輝君も立派にお別れの言葉(弔辞)をしました。
「一度だけ、おばあちゃん戻ってきてー」には思わず目頭が熱くなりました。「棋士になって、名人になる」には、思わずずっしりと肩に重みを、

帰ってきたら、また、猛烈に電話です。
島先生と電話をしたり、もらったり、最後メールです。 毎日、電話100本はしています。電話代、そうか、それもあったかー、

しかし、最後、オチがありました。すっかり話し込んで、喉が渇いて冷蔵庫を覗いたら、コーラがありました。シメタと、コップに入れて飲もうとしたら醤油でした。飲みはしませんでしたが、がっかりしました。

スポンサーサイト

島先生からメールが届きました。

訃報というのは、

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。