0 comments
0 trackbacks

それが確り、定義されていないといけないですね。
将棋のいのちは棋譜です。あの一枚が残るわけです。棋譜と言うのは、
戦う二人の、渾身の力と力のぶつかり合いから生まれてくる作品です。

私どもの仕事は、その一枚の棋譜を残すにあたって、最高の環境の提供、おもてなしをすることです。名誉なことです。
いろいろ、言い分はあるでしょうが、しかし、理想は大切です。成功とは、
われわれの側にあるわけではないのです。
商業的な意味も、文化的な意味も、勝負という舞台では意味をなさないということがあるのです。先ず、優先すべきは、「おもてなし」の精神です。

これをチャンスととらえるのであるのならば、「また来たい」と思っていただけるような仕事をすることです。
強いては、それが喜多方市を全国発信することにつながります。
スポンサーサイト

問いあわせが毎日あります。

全員参加型(ひとりごと)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。