0 comments
0 trackbacks

懲りない面々ととく。そのこころは、大体、負けたら痛い。それでやめてしまうのが普通。
負けて、燃えあがってしまうタイプが残って、強くなる。

喋ってて、このひとも眷族だって、思うことがある。ほかにすることあるだろうと言ってしまうが、なんのことはない。自分に言っているのだ。おとなしいとか、激しいとかとは別の性向だ。粘着型といってもいい。
ほっぽって、他に行けないのだ。
結局長い時間かけたが、浦島太郎って知っているだろう。気がついたら、六十だ。還暦とはよくいったものだ。やりなおせるものならやりなおしたい。
将棋が仇に思えることがある。愛とは、それでも離れられないものらしい。
スポンサーサイト

平成25年度最大のハイライト①?(10/22)

東大和市(10/11)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。