0 comments
0 trackbacks


夥しい書を読むと自分を見失うかもしれない。
そのくらい、魂は言葉に弱いのだ。

なにもしないでも、ひとは、成長し、そして老いて果てていく
しかし、蓄積されていくものはある。忘れてはいても、
死ぬその瞬間まで、積みあがっていくものがある。
そして、それも最後には消えていくのだが、
愛おしいような、恥ずかしいような一生という名の自分である。

私は、私の魂に責任を持ちたい。それだけかな、

かつては、書を読まないと不安であった。
しかし、このごろでは、読むことの不安がよぎることがある。


スポンサーサイト

横綱相撲

杞憂

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)