0 comments
0 trackbacks

天才が、どんどん集まってきます。きっと、切磋琢磨して、さらなる高みへと子供たちは成長してくれると思います。さすがの一輝君もたじたじでした。一輝君も、これでもっと強くなる。天狗になったらおしまいです。この子達は宝物です。次の目標は全国レベルです。互いに、追いつき、追い抜き、ふたたび、逆転してと、そういうめぐるましい展開がはじまります。
小学3年生の新しいこどもがふたり入ってきました。ただ、残念なのはひとりが山形県の子ということです。

しかし、田部君は調子がわるくても、我慢できるようになっている。というか、調子が悪いなんて思わないタフさを身に着けたようです。もともと粘り利強い性格が活きてきている。来年までこのまま、着実に強くなってほしいですね。来年もまた天童行きの切符を手にいれると思います。

平八郎君は、悪夢の全国大会から、確実につかみましたね。この2、3週間でアッというまに直感を活かすという将棋を手にしました。読み以前のひらめき、それが課題だったのですが、わかってしまったようです。おそるべしです。

他の子も大丈夫だよ、亀は最後に勝つ。亀の私がいうのだから間違いない。ウサギはどこかで休むかも知れない。
抜いちゃえェー、遠慮はいらないよ。
ホントのこというと、そういう子も、みてみたいのです。何べんもいいますが、200連敗が私の将棋の土台です。アンタじゃたいしたこたねぇーといわれるとそれまでですが、少なくても負かされた相手を最後は負かしました。小さな小さな、しかし、私にとっては大きな大きな経験でした。その後の人生に、将棋以外ではありましたが寄与しました。
負けても、負けても挑んでいくという精神です。最後は勝つという信念です。

img142.jpg
  
スポンサーサイト

会津王将会の合宿は予定通りです。

島朗先生からお電話をいただきました。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)