0 comments
0 trackbacks

96歳の老婆を偲ぶ
  ー玄関先にたって、白菜をもらったことがある。

年寄りの死は、なにもかも干からびている。涙さえもない。
神道だからではないだろう、お祭りであろうはずがない。酒さえも呑む人の少なくて、
深夜明かりが消えた。

手伝いに妻を遣る。どうしたことか、風邪をひいた。雨でも降るような初夏の朝だ。

スポンサーサイト

夏の朝

日本将棋連盟3階(会議室)7月1日3時30分~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。