0 comments
0 trackbacks

「みじかい、こころの絵」

なんでもそうだけど、なじむまでに時間がかかる。

叔母(母の妹)に亡くなった母をさがす。父をさがそうにも、兄弟がみな鬼籍だ。

いつもこころは裸だ。

自分だけだと思っているが、みんな思っている。

興奮というのは、からだではなくて、心で起こる。

死は心を停止させる。

勝利というのは、敗者があってなるが、誰も敗者に感謝しない。

礼というのはかたちだ。かたちはこころをつくる。

ひとは勝とうと思って負ける。

負けることがなかったら、一つも面白くない。勝ち続けるということは、つまらなくなるに等しい。

あしたは、馬の前にぶら下げたニンジンのようなものだ。

勝ちたいという思いは、負けて強くなる。

負け続けると勝ちたいという気持ちまでなくなる。

凡人は友達が多い。天才は孤独だ。


ニューヨークは今日も上げている。数年に一度、サーファーが海に乗り出すことがある。そういう時期がある。とりあえず、明日は早朝から会議だ。村役員の任期は今月いっぱい。このへんで寝る。
転がらせるのもありかな、よく、考えてみる。

言葉遊びがしたくなっただけです。おやすみなさい。
スポンサーサイト

洒落ていたら、一報です。

タイトルなし

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。