0 comments
0 trackbacks

お笑いです。このブログ、一週間しか持たないのかと思っていました。書き込みをすると、下の記事(古いページ)が消えていく。案外つまらないものだと思っていたのですが、伸一朗(息子)に言ったら、「ヱ! 知らないの?」と絶句されてしまいました。
なんのことはない、一番下の矢印に気付かなかったのです。
それならそれで、いくらでも書ける。残ると、残らないではそのくらいの差がある。
ひとは、みな、おぎゃーと生まれたときから、自分を背負っている。結構、これが重荷なのです。それをちょっと、下ろせる場所、それがブログなのだと思います。なぜなら、書いた瞬間から他人なのです。
つまり、それを読む自分がいる。会話ではできないことです。

さて、昨日は、本格的に始動しました。私的には、ひと段落ついて、しばらくはこの件はそっとして置けると思っていたのですが、そうはさせてもらえないようです。
島先生、市長、両「し」行のお二方のエージェントとして中継ぎをしなければならない。
昨日は予算の件で市長から電話がありました。島先生からの提案を伝えると、早速5月に2名の市職員の視察が決定しました。また、それを島先生に伝えると新たな提案が、
実は、私の携帯の電話帳では島先生と市長は並んでいるのですが、両「し」ともご存じない。案外近い間柄なのです。そのうち、連盟職員と市職員に渡ると思うのですが、それまではー。
スポンサーサイト

春の足音

タイトルなし

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)