0 comments
0 trackbacks

ところで、忘れてました。詰め将棋です。これ、実は詰みません、詰まれてしまったというのが正解なのです。実は、これを貼り付けてから詰まないということに気がつきました。
来月、選手権戦の自戦記が民友新聞の将棋欄に掲載されますが、最終日にそのことを書きました。以下のとおりです。
失礼しました。(支部長)
img091.jpg


新聞の将棋欄三位決定戦、最終日より抜粋 「詰み」(指し始め図は掲載した図です)

指し始め図。ここから佐川さんに詰まれてしまった。秒読みで、もしかしたらと期待したのだけど、とにかく、歩以外の前に利く駒が入ると9四に打って詰みだ。
プレッシャーとしては十分だ。詰みそうな感じはするけど、こっちが読みきれないのだから佐川さんもわからないだろうと下駄を預けた。
しかし、さらりと詰まれてしまった。
△7六桂打つはとりあえず指す手。▲同銀に△同桂▲同角で△7八銀成り▲同歩△7七銀打つ以下△5九角までで投了である。投了図以下は▲6七玉は△5七金。▲8八玉は△7七金以下、▲8七玉も△8六金以下手数が伸びるだけの詰みである。
見た目は一手違いだけど、9四の升目に駒が乗ることはなかった。
ついでに言うが、指し始め図から詰まない順はある。△7六桂打つに▲同銀ではなくて、▲同角ととる。△同桂▲同金で、そのあと△7七角でも、△7七金でも、きわどく詰まない。実は、この指し始め図を「会津王将会」のブログに詰め将棋として載せた。載せてから気がついた。詰まない。
もっとも詰まなくても、先手の入る駒は桂である。△6三角くらいで参っている。結果は不動である。
まだ、決勝戦は続いていたが、早々に荷物をまとめて会場を後にした。会津路は雪が舞っていた。
スポンサーサイト

タイトルなし

先ずは一報、朗報です。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。