0 comments
0 trackbacks

心から離れる技、それが座禅のようだ。
無我の境地というのは、気持ちのよいものだ。

つまり、心には重みがある。それが、体重みたいに重くなったり、軽くなったりするとして、
ダイエットもあるかもしれないが、
座禅は、てっとりばやくスマートになれる方法だ。

我が家は代々禅宗だ。きっと、DNAに「座る」ということへのごく自然な信仰があるのかもしれない。
悩んだり、考えたりすると、いつのまにか、座る。しかも部屋の中央だ。
仏壇に向かうのは、亡くなった先祖に語りかけるときだけである。

このごろ、座ることもなくなった。
真剣に悩んでいないからだろうと思う。悩んでも、年の功で、解、結論がすぐにわかっちゃう。
若いという字が、苦しいという字に似ていると言う歌詞があったが、歳を重ねるというのは、
案外つまらないことなのかもしれない。

悩みながら大きくなる。つまり、大きくならない。ー終わっちゃったよ。

スポンサーサイト

充電(21900分の1、今年還暦)

散歩 

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)