0 comments
0 trackbacks

面の皮があつい。面の皮があついから政治家なのか、
政治家になったからあついのか、いっぺん考えてみてもよさそうだ。

案外ナイーブだ。
よくよく付き合ってみると、神経の細かいひとが大半だ。機をみるに敏というか、
顔色で交信している。言葉なんざ、露ほども信じちゃいない。約束を反故にするというが、そもそも約束を信じていない。
記憶力に問題があるのではない。約束は羽のようなものだ。
だから、
兎にも角にも、
言ったことは守るというのではなくて、言ったことは守るという人間にみられたいだけなのだから、重きに失する。

約束を紙に書けといったら、殆どの政治家は逃げる。言った言わないあたりが丁度いいのだ。
スポンサーサイト

魂の自由は

鶏ってのはすごい

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)