0 comments
0 trackbacks

あまり、多くのことをしない。ゆっくりと生きる。
それができたらいいな、信じる力、それがあれば、あとはいらない。
懐疑というのは、身も、心もバラバラにしかねない。


「生命の誕生は、海で夢見ていたいのちが、集まって出来たのだ。
小さな、信じるが、集まって大きな夢になって、
地上を目指したのだ。

何億年、何十億年という時間は、そのくらいする
生命が、消滅しても、
どこかで、
ふたたびうまれる。記憶があとを追うだろうが、追いつけないのだ」 

いのちは、もともと見えないのだ。それとも、みたことがあるのか
君は

記憶もー。小さな命だけど、万年、億年とつづいてきた私のいのち
追いつかれないままに、きえていく

私は信じる。今を、明日を、すべてを
それがいのちの成りたちだから、信じる。


スポンサーサイト

友よ、今朝、山々は白く輝いていました

凍み渡り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)