0 comments
0 trackbacks

敗者の書いた随筆と言ってしまえばそれまでだが、
だれもが、その文に惹かれてしまうということは、誰もが敗者を経験しているということなのかな、
世捨て人に、だれしもチョッとした憧れを感じたことがないとはいえないだろう。

しかし、
わたしにとって、鴨長明は贅沢だ。なぜって?
あまた多数の人々は、蛇のようにのた打ち回って一生を終わる。
わたしも、

して、棺桶で鴨長明に出会う。
スポンサーサイト

戦後著しくその地位を落としたもの

一日とは、どういうふうに

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)