0 comments
0 trackbacks

私は嫌いな人はあまりいません。
どういうものか、相手に自分を見てしまうのですね。
つまり、相手がいない。みんな、自分です。自分でも妙な性格だと思っています。
どうして、こうなったのかは不明ですが、わかっちゃうみたいなところがあって嫌いになれないのです。
意地悪や、理不尽な扱い、そういうのにはものすごい怒りを爆発させます。
他人がされているのをみても、同じように怒ります。そうかといって、当のその相手を嫌なやつだとは思っていないのです。時宜がすぎると、ころっと忘れてしまっています。
ちょっとした阿呆ですね。

だから、昨日敵でも、ついさっきまで言い争っている相手でも、寄ってくるものは誰でも受け入れてしまいます。そして、裏切られても、そんなものだろうと納得してしまうのです。馬鹿ですね。

そんな中でも、やはり嫌いな奴はいます。つまり、自分の中で咀嚼できないのです。理解できないのですね。

そういうものらしいです。

かつては、生理的に嫌な人もいたように思うのですが、年をとると、そういうひともいなくなりました。
みんな「自分」じゃ、しゃあーないじゃないですか


市場に興味がなくなりました。そういう時期ですね。いつも、市場にいてはいけない。かといって、目を離してもいけない。いま、市場は獲物のいないバケツですね。手を突っ込んでもなあーんもない。
スポンサーサイト

悩まない

エール

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。