0 comments
0 trackbacks

その時自分がいないことで、安堵する。

しかしその時、必ず、来るであろう悲劇を思うと、
何とも言いようのない痛みを覚える。人は死なねばならない。
問題は、その死にようだ。

私は、いつもインディアンを思う。詩を思う。
そして、ヘミングウェイだ。誰だろう、椅子に腰掛けて、
煙草をくゆらせて、「いい日だ」と言ったのは、死ぬにはもってこいの日だと言ったのは

死は必ずしも不幸ではない。よく生きた人へのプレゼントかもしれない。
ーだから、よく生きたい。
平和とは、死を受け入れることのできる時代である。

葉が落ちていくように、友人たちが去っていく。私の一部が消えていく。何度目の春だろう、来るのはー。
スポンサーサイト

タイトルなし

宗教とはなにか、

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)