0 comments
0 trackbacks

書は出会いだ。陶芸とも似ている。
しかし、もっとも面白いのは、空手に似ていたことだ。
練というか、磨き上げていく何万、億回の突きだ。
正拳突きひとつで、達人はわかる。
スポンサーサイト

仏壇に飾ってありました。

文字に恋する

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)