0 comments
0 trackbacks

負けてもいいと思ったら、世界がひろがる。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」空也上人の墓が会津高野山八葉寺にはある。
私の家から車で5分ほどのところ、毎年、夏になるとすがすがしい朝に行く。時々思う。私の前身はなんだったのだろうと、
妙な話だが、戦時中の一兵卒が浮かぶことがある。
戦争の供養塔で、手を合わせたくなる。「人間の奥の深さ」のようなものに出会うことが在る。
生命と言ってもいいかもしれない。
スポンサーサイト

「ブログ」を調べたら

今日は、酔っているかな。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)