0 comments
0 trackbacks

近親者の死は悲しみでいっぱいにするが、

とりあえず、ひとは「死ぬために生きる」



もうひとつ、
自己満足以上の満足はない。たとえ、第三者が満足しても、あるいは次ぎに近い人が満足しても、
そのひとが満足しなければ、満足にはならない。満足というのは、個人的なものなのだ。
これほど定まらない、これほどわかりきった解答はない。
例え誰一人納得できない満足でも、そのひとが満足していれば満足なのだ。

お世話になったひとだ。成仏してほしいと思う。また、大事なひとを失ったかもしれない。私にできることは、夜 外灯と、ポストの灯をともし続けることだけだ。
玄関の階段に腰をおろして、猫を抱いて、猫の頭をなぜた。夜風はやさしい。二番目の悲しみがふれていく
スポンサーサイト

大山名人の振り飛車

世界平和のために

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。