0 comments
0 trackbacks

今の市場の状況は嬉しいのですが、でも、どうなのかな。
貧富の差は大きくなるでしょうね。もてる者、持たざる者の差がおおきくなる。
額に汗している人が報われる社会は遠い昔の夢かな。
資本主義社会の典型、アメリカのように一握りの富裕層と、多数の貯蓄のない一般の人々ができるかもしれない。
貯蓄そのものの意味のない社会、金利よりインフレが、先に進むとそうなりますよね。

インフレ2パーセントというのは、物価が毎日、毎年上がっていくということです。
お年よりも、実はデフレ社会というのは居心地がよかったのですが、さてさて、どうなることでしょうか、

実は、ここ数年間の低迷期こそよかったなんてことがないといいのですが、

健全な経済発展にはインフレはつきものです。野心家には都合のよい状況にはなるでしょうね。これからという若者にも悪くはない。しかし、社会的弱者といわれる人々には、どうですかね。国家財政にも、
しいては、国の再分配機能も働かなくなる。一時的なもので済めばいいのですが、
貧しい人々の居ない社会、そういうのはむずかしいのですかね。

アメリカ、高く始まって下げていますが、どうでもいいという感じですかね。つまり、上げても、下げても嬉しい。相も変らぬポジションです。





スポンサーサイト

王将戦会津地区予選の記事

突然ですが、

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。