0 comments
0 trackbacks

若い頃、社会主義の本を漁った。
壮年期、資本主義、ビジネス本に明け暮れた。
そして、還暦、仏様の本である。
書棚には、一生がある。
スポンサーサイト

常識という、偉大なる思想。

コツンて中る

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)