0 comments
0 trackbacks

img237.jpg 
支部長挨拶

塩川町公民館主催 こども将棋教室の開催にあたり、ご挨拶を申し上げます。
会津王将会支部の武蔵正憲です。
今年初めての子もいるようですが、昨年来ていた子もいますね。うれしいですね。よく来てくださいました。
将棋は、脳の細胞を増やします。
岐阜薬科大学の原英彰教授の研究成果によると、楽しみながら脳を働かすということは、年をとって、脳が衰えるようになっても、脳の細胞を増やす効果があるそうです。認知症についての予防効果もあるとのことです。
私も、それで気がつくのですが、私のまわりの将棋を指すおじいちゃんには、そういった人がいないです。呆けるというか、あたまのおかしいひとですね。
口が達者で、一寸うるさいくらいの人がおおいのですね。ここだけの話ですけど、
それって、どういうことかというと、君達も楽しんで将棋を指すと脳の細胞が増えるということです。昔は、脳みそとか、しわとかいいましたが、この細胞が多い人ほど脳が働くわけです。難しい本とか、教科書では、成績はよくなるでしょうが、細胞はさして増えないようです。
そこで、ふと、気がつくことがあります。勉強ばかりしている子に真面目で、融通が利かなくて、頭の固い子が多いのですが、将棋を指して強い子は、本当の頭の良さに関心させられることがあります。応用力というか、悪知恵も含めて、いろいろ働くわけです。
まあ、元の元、頭がよくなるとしたら、これはしない手はないですよね。

これから、12月までの毎月、第3水曜日に将棋を学習します。将棋をさせるようになって、大いに細胞を増やしていただきたいと思います。
尚、休まないで、最後まで続けらたひとには、昨年どおりご褒美を差し上げます。これから年末まで、宜しくお願い致します。
最後に教室を開催して頂きます塩川公民館小桧山照夫館長、ならびに担当の廣瀬富美雄さんに感謝を申し上げたいと存じます。
さらには、将棋を指導して下さる、日本将棋連盟公認指導員秋山仁志先生、宜しくお願い致します。
それでは、年末までの8回、宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

第72期将棋名人戦は終わった。

第34回県小中学生選抜選手権戦会津地区予選

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。