0 comments
0 trackbacks

img095_20151113110128cc4.jpg
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

意思なのか、
人間は、未来を予測している。それを利用、活用できれば、よりよい結果に結びつきそうだ。
随分むかしに気がついていて、野放しだ。

思いつきのまま、何の手立てもせずに終わるのだろうか、
いずれ、人間は未知なる世界へと突き進む、滅びさえしなければー、託してオワル。

、 訓練でどうにかなるかもしれない。(異次元の世界)
0 comments
0 trackbacks

と言って、選んだ道は乞食だった。
0 comments
0 trackbacks

と、問われて偽者と答える。
どうして、って、ずーっと本者になりたがっているから、
ひとは、生れてから、自分が大好きなのに、自分以外のものになりたがっている。

この際、妥協してみてはどうかー
誰に言っているのであろうか? この頃、空や、雲に憬れている。

DSC05912.jpg
南会津の山々を歩く。11月4日(区長会欠席)
0 comments
0 trackbacks

リタイアすると、曜日は関係なくなるのよ、
カレンダーはひとつあると十分、食いもんもすこしでいい。寝る畳と、椅子があったら申し分ない。ほっといてくれー、

邪魔だといわれて、帰ってくれば「バカ」といわれて、為すすべなく猫と戯れる。
0 comments
0 trackbacks

義務からも解放される。

死の恐怖?、生きていたいとは思うけど、
自分と同年代がみないなくなったら、寂しすぎる。人の一生は死ぬこととみつけたり、墓石の群
飄々と、飄々と秋の風
0 comments
0 trackbacks

生れた瞬間から齢を取る。
齢をとらないとすれば、死んでいるか、生れていない。

ところで、生れるの定義が問題だ。生まれるというのは、体外にでてからではない。
人知れず生れたころ、そのときからである。
人の一生の十月十日(とつきとうか)は、記憶にもないのだけど、とにかく、駆け足で80年余を駆け抜ける。

私が、芽をだし、すくすくと伸びていったころ、花だった頃、
実を結んだ頃、思えばいろいろのことがあったはずなのに、
回想するにも、あらかた忘れてしまった。他人の書で、思い出すこのごろになりました。
0 comments
0 trackbacks

民報には載っていたけど、民友には載っていなかった。しかも会津版だった。
聞き間違いだったのかな、

晴れてきた。今日も快晴だ。どうでもよくなった。
0 comments
0 trackbacks

お金で買える。
ある程度生活に余裕がないと、

じゃー、お金ってナンだ。交換価値だな。
原始人がみたら、これ、「何でもポケット」に匹敵する。ドラエモンだ。
ところで、
愛は買えないというが、ホントだろうか、、、、寧ろそっちを疑いたくなる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。