0 comments
0 trackbacks

成功しない。
頭がいいからです。そういう道を選ばない。賢明なんですよ、
成功よりも、無難な道を歩む。

私ですか、バカです。それも天然の、
前世は獏ですかね。夢を追いかけてしまうんです。(武蔵)


スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks

今日、喜多方市、市長室にて
島先生の提案についてお話をさせていただきました。関係部署。部長2名、課長1名が同席、
先ずは一歩づつです。
ことの他、話はスムーズに運びました。市長にはご理解をいただきました。
しかし、これからが大変です。5年後、そうですね。オリンピックの年です。急がないで、着実にー。姿を現すまでには数年かかりそうです。
ただ、名実ともにスタートしました。
0 comments
0 trackbacks


img072.jpg  
0 comments
0 trackbacks

ありがとうございました。
おかげさまで、定員を超える89名の方の応募がありました。
関係者の皆様には、心より御礼申し上げます。
 
先週はじめの段階で35名ということで、どうなることかと心配したのですが、
南相馬市役所 小高将棋愛好会 相双支部 またネットでの配信にご協力いただいた関係各位にはかさねがさね感謝を申し上げます。(武蔵)
0 comments
0 trackbacks

地名は歴史である。そして、地形は
その上を歩いて、生活した人々の影をのこしている。
町名変更。区画整理や、耕地整理が恨めしくなるときがある。
身勝手なのはわかるが、
合理性という実際のかたわらで、惜しむように散歩している。(武蔵)


私の家の前は、三橋城の城跡です。本丸にはイチョウの木が空にそびえています。
地名は「舘の内」です。
DSC05664.jpg


お堀跡が、6メートル幅の高規格道路になります。
 DSC05663.jpg


三橋城

天正一七年(一五八九)六月五日、出羽米沢(長井)の城主伊達政宗は会津の領主蘆名義広を磐梯ばんだい山麓の摺上原すりあげはら(磨上原)に破った。居城である黒川くろかわ城(のちの鶴ヶ城、現会津若松市)に逃げ帰った義広を追って、政宗は翌六日、蘆名氏残党の籠る「金川・三橋」の城を攻め、七日には三橋城を自らの陣所としている。一方、敗将となった義広は家臣団からも見放され、同月一〇日夜には黒川城を出奔、陸奥白河に落延びた。政宗は一一日には三橋城から黒川城に移り、蘆名氏累代の所領であった陸奥会津・河沼かわぬま大沼おおぬま耶麻やまの四郡、いわゆる会津四郡をその掌中とした(『伊達天正日記』・『貞山公治家記録』など)。
0 comments
0 trackbacks

量がある。
どうも、二匹猫がいるのだが、偏っている。

等しくというには、自らの意思を働かす必要がある。
思想というか、道徳というか

素直というのは、一種暴君だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。