0 comments
0 trackbacks

先ずは、やはり子供たちですね。
でもこの集合写真、表彰式が終わってからだったのはまずかった。大会開催前に撮るべきでした。
先に帰ってしまった子、ごめんね。(支部長)

2013.jpg
スポンサーサイト
0 comments
0 trackbacks


img115.jpg
尚、大会風景の写真掲載はもう少し待って下さい(管理人)
0 comments
0 trackbacks

 img114.jpg 

0 comments
0 trackbacks

11月4日(日) 
ふくしま 喜多方市
「秋の子供将棋大会」
         主催 日本将棋連盟会津王将会支部 
         後援 喜多方市教育委員会 日本将棋連盟福島県支部連合会
             全会津小・中学校将棋クラブ連盟
             福島民報社 福島民友新聞社
         協賛 学習塾モスクラブ 秋山子供将棋教室
        (於JR塩川駅2Fふれあい会館 参加者45名(子供))

1_20130428211645.jpg 

2_20130428211647.jpg 

3_20130428211648.jpg 

4_20130428211650.jpg 

5_20130428211652.jpg 

12月30日(日)  平成24年度支部道場の風景

6_20130428211701.jpg
0 comments
0 trackbacks

明日(4月28日日曜日)の会津地区竜王戦の参加者はラッキーだ。
たった今、連盟から封書で届きました。今度の第71期大盤解説会(5月11日於塩川町福祉センター)で級位あるいは段位が取得できることになりました。15名限定だそうです。
指導対局による、段、級位の認定に基づいてということですが、
早速、明日の竜王戦から募集を開始、15名になり次第締め切ります。こういうのは早い者勝ちです。(支部長)
0 comments
0 trackbacks

このごろ孔子を読んでいる。
かつては、孫子だった。人生の意味のようなものがないだろうか、
つまり、草食系になりつつある。

だましたり、だまされたりというのはエネルギーも必要だ。このごろ、樹齢300年の屋久杉を目指している。学生、企業戦士(サラリーマン)、店主、社長、投資家(投機)まあ一通り経験した。松下幸之助氏も崇敬したことがある。が、
今は木だ。名もなき木だ。
へたに名前などあると、それだけで一苦労。のんびりと風とたわむれ、光とあそぶ。

いずれ、葉も落ち、幹も朽ちる。次世代の肥やしは、のぞむところだ。
年寄りの居場所が、どうも納まりがいい年代になった。
ところで、ときどき思うことがある。一体、いつ自分は将棋を指していたのだろうか
人生並べてみると、どこだったかと、
0 comments
0 trackbacks

次の28日(日)、竜王戦会津地区大会。
14名位の参加申込みです。というのは、この月曜日。今回の大会担当運営者は幹事長の矢吹君。すこし、焦り気味。そりゃそうだ、4部門つくって14名じゃほぼ全員入賞、入賞できないのが2名てなことになる。
「いいべした。(会津地方の方言、いいでしょう)きにすんな。だけどな、あと4日あっから30はいくべー、しんぺーねぇ」私。
矢吹君はホテルマンだから標準語だ。「そうですかぁー、そうですね」
そもそも、4部門はどうかとおもっていたけど、まあ、彼の情熱に水を差すのもどうかと、黙っていた。

そして、今朝ほど、矢吹君から申込み35名。わたしのとこに来てる当日まで待ってが5、6名、ほか、いつもの申込み無視、当日参加の常連さま、間違いなく4、50名はいく。

選挙みたいなものだ。大丈夫だというと落ちるし、どうも危ないというと、土壇場、死に物狂いのお願いで、終わってみれば余裕の当選。
明日、事前準備の打ち合わせをすることになった。